188bet.com

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

       青山学院大学 研究者情報    English >>       TOPページ    基幹教員 担当科目 専門分野及び関連分野 学歴・学位 職歴 所属学会 研究課題・受託研究・科研費 研究業績(著書・論文等) 研究業績(学会発表)     (最終更新日:2024-03-30 11:51:27)   ジヌシ ハジメ   JINUSHI Hajime   地主 創    所属   青山学院大学  理工学部 電気電子工学科    職種   教授 ■ 基幹教員 主要授業科目担当 ■ 担当科目 電気電子工学輪講A,電気電子工学輪講B,卒業研究Ⅰ,卒業研究Ⅱ,情報処理,信号基礎理論,通信方式,情報通信理論,プログラミング言語,電気電子工学概論,電気電子工学特別輪講A,電気電子工学特別輪講B,理工学特別実験・演習A,理工学特別実験・演習B,情報工学特論 ■ 専門分野及び関連分野 情報理論, 通信理論, 符号理論, 情報圧縮、通信方式、変復調理論  ■ 学歴・学位 1. 東京工業大学 工学部 電気・電子工学科 卒業 2. 東京工業大学大学院 総合理工学研究科 物理情報工学専攻 修士課程修了 3. 東京工業大学大学院 理工学研究科 電気・電子工学専攻 博士課程修了 4. 東京工業大学 工学博士 ■ 職歴 1. 1989/04~1993/03 東京工業大学 工学部電気・電子工学科集積回路学講座 助手 2. 1993/04~2004/03 青山学院大学 理工学部 電気電子工学科 助教授 3. 2004/04~ 青山学院大学 理工学部 電気電子工学科 教授 ■ 所属学会 1. 1986~ 電子情報通信学会 ■ 研究課題・受託研究・科研費 1.   情報セキュリティに関する研究として電子すかしに関する研究 個人研究  2.   現代社会においては「通信」を介した「情報」のやりとりを伴わずに何らかの活動を営むことは困難となっている。このような状況において信頼のおける情報を安定して通信できるための技術が特に重要となってきている。このための技術基盤である、「誤り訂正符号」「情報圧縮」「通信方式」「情報セキュリティ」等に関する研究を行っていく。 個人研究  3.   誤り訂正符号に関する研究として同期誤り訂正符号に関する研究 個人研究  ■ 研究業績(著書・論文等) 1. 論文  「コンマフリー符号に基づくq元単一挿入/削除誤り訂正符号の一構成法」 『電子情報通信学会論文誌A』(電子情報通信学会) (11),1452-1456頁 (共著) 2004/11 2. 論文  「(d,k)制限を満足する情報系列に基づく誤り訂正符号の一構成法」 『電子情報通信学会論文誌』(電子情報通信学会) (12),1473-1477頁 (共著) 2002/12 3. 論文  「単一挿入/削除誤りが訂正可能な語頭同期符号に関する一検討」 『電子情報通信学会論文誌』(電子情報通信学会) (9),1026-11030頁 (共著) 2002/09 4. 論文  「シンボル0の挿入及び削除誤りを訂正可能な(d,k)符号の符号語数の上界」 『電子情報通信学会論文誌』(電子情報通信学会) J84-A, 9,1216-1220頁 (共著) 2001/09 5. 論文  「複数の重み一定ベクトルを用いたSEC/AUED符号の構成法」 第20回情報理論とその応用シンポジウム(情報理論とその応用学会) 447-480頁 (共著) 1997/12 6. 論文  On the Performance of Algebraic Geometric Codes 『IEICE Trans.Fundamentals』(電子情報通信学会) (6),928-937頁 (共著) 1996/06 7. 論文  “Bounds for Non-binary Synchoronization Error Correction Codes and their Construction” 1994 IEEE International Symposium on Information Theory(IEEE) 61頁 (共著) 1994/06 8. 論文  A decoding algorithm and some properties of B"oinck and Tilborgs's t-EC/AUED codes 『電子情報通信学会論文誌』 (9),1535-1536頁 (共著) 1993/09 9. 論文  “A new construction method for t-EC AUED codes based on t-EC codes” 1993 IEEE International Symposium on Information Theory(IEEE) 292頁 (共著) 1993/01 10. 論文  “On minimum Lee distance of generalized Reed-Muller codes” 1993 IEEE International Symposium on Information Theory(IEEE) 36頁 (共著) 1993/01 11. 論文  「t重誤り訂正符号をもとにしたt重誤り訂正全一方向誤り検出符号の一講成法」 『電子情報通信学会論文誌』 54-63 (共著) 1993/01 12. 論文  「多値通信路モデルとその性能評価」 『電子情報通信学会論文誌』 1760-1764 (共著) 1992/11 13. 論文  「絶対値和距離に基づく多値誤り訂正符号の一構成法」 『電子情報通信学会論文誌』 1651-1658 (共著) 1989/10 14. 論文  「最適アナログ符号の一構成法」 『電子情報通信学会論文誌』 2200-2204 (共著) 1988/12 15. 論文  「アナログGRS符号の性能評価と符号の構成」 『電子情報通信学会論文誌』 1011-1017 (共著) 1988/04 5件表示 全件表示(15件) ■ 研究業績(学会発表) 1. 2002/03/19 単一挿入/削除誤りが訂正可能なq元コンマフリー符号に関する一検討(第24回情報理論とその応用シンポジウム(情報理論とその応用学会)) 2. 2001/12/06 単一挿入/削除誤りが訂正可能なq元語頭同期符号に関する一検討(電子情報通信学会技術研究報告, IT2001-74(電子情報通信学会)) 3. 2001/03/16 単一挿入/削除誤りが訂正可能な語 頭同期符号に関する一検討(電子情報通信学会技術研究報告, Vol.IT2000, №101) 4. 2000/10/12 同期可能な多重バースト挿入/削除誤り訂正符号の一構成法(第23回情報理論とその応用シンポジウム(情報理論とその応用学会)) 5. 1999/12/02 “0”の挿入/削除誤りを訂正可能な(d,k)符号語数の上界(第22回情報理論とその応用シンポジウム(情報処理論とその応用学会)) 6. 1999/03/11 (d,k)制限を満足する符号語に基づく誤り訂正符号の一構成法(電子情報通信学会 情報理論研究会 IT98-104) 7. 1999/03/11 楕円符号のFeng-Rao設計距離を超える復号に関する研究(電子情報通信学会 情報理論研究会 IT-98-102) 8. 1995/10/25 二重同期誤り訂正符号における符号語の分離法に関する検討(情報理論とその応用学会第18回シンポジウム予稿集,Vol.1) 9. 1994/12 代数幾何符号の性能に関する一検討(第17回情報理論とその応用シンポジウム予稿集 Vol.2) 10. 1994/12 拡大一般リード・マラー符号のリー距離について(第17回情報理論とその応用シンポジウム予稿集 Vol.2) 11. 1994/11 On Desighed Distance of Algebraic Geometry Codes(Proceeding of ISITA’94 Vol.1) 12. 1994/07/23 二重同期誤り訂正符号の構成とその復号法(電子情報通信学会技術研究報告IT94-49) 13. 1994/07/23 直交射影アルゴリズムの振舞いの幾何学的な解釈と収束特性の解析(電子情報通信学会技術研究報告IT94-51) 14. 1994/03 代数幾何符号の設計距離に関する一検討(電子情報通信学会) 15. 1993/07 FHスペクトル拡散方式における誤り率の改善法について(電子情報通信学会) 16. 1993/07 移動体通信におけるセクタゾーン構成法に関する一検討(電子情報通信学会) 17. 1993/03 フェージング通信路の新しいモデル化による誤り率の改善について(電子情報通信学会) 18. 1993/03 多値同期誤り訂正符号語数の限界と符号の構成例(電子情報通信学会) 19. 1992/11 A construction method for t-EC/AUED codes based on t-EC codes(情報理論とその応用学会) 20. 1992/11 On minimum Lee distance of Generalized Reed-Muller code(情報理論とその応用学会) 21. 1992/07/11 一般リードマラー符号の最小リー距離について(電子情報通信学会) 22. 1992/07/11 移動体通信における送・受信ダイバーシチ併用による受信誤り率の向上(電子情報通信学会) 23. 1992/07/11 非ガラス通信路におけるQAM信号の最尤受信について(電子情報通信学会) 24. 1992/03/06 t重誤り訂正符号を基にしたt重誤り訂正/全一方向誤り検出符号の一構成法(電子情報通信学会) 25. 1992/01/23 t重誤り訂正・全一方向誤り検出組織符号の一構成法(電子情報通信学会) 26. 1991/07/25 ATMを用いた変換符号化静止画像通信に関する一検討(電子情報通信学会) 27. 1991/07/20 3層万能パーセプトロンの中間層素子数について(電子情報通信学会) 28. 1991/07/20 多値通信路モデルとその性能評価(電子情報通信学会) 29. 1990/07/21 神経回路網を用いた誤り訂正符号の復号器に関する一考察(電子情報通信学会) 30. 1990/01/16 A Construction Method for Multilevel Error-correcting Codes Based on Absolute Summation Weight(IEEE) 31. 1989/07/21 加法的ガウス通信路における多値誤り訂正符号の効果(電子情報通信学会) 32. 1989/01/27 絶対値和距離に対する多値誤り訂正符号の一構成法(電子情報通信学会) 33. 1988/12 アナログ符号に関する各種復号法の比較検討(情報理論とその応用学会) 34. 1988/12 多値光子通信システムに関する基礎的考察(情報理論とその応用学会) 35. 1988/09 多値光子通信システムに関する基本的考察(電子情報通信学会) 36. 1988/06/24 An Evaluation of Analog GRS Codes and Their Construction(IEEE) 37. 1987/07/25 符号間干渉を畳み込み符号とみなした磁気記録信号に対するビタビ復号法の適用(電子情報通信学会) 38. 1987/01/19 アナログGRS符号の性能評価と符号の構成(電子通信学会) 39. 1986/10 アナログGRS符号とその性能評価(情報理論とその応用学会) 40. 1986/07/22 拡張されたDFT符号の一評価基準と符号の構成(電子通信学会) 41. 1986/03 拡張されたDFT符号の性能評価とその構成(電子通信学会) 5件表示 全件表示(41件)  閉じる   このページの先頭へ Copyright © Aoyama Gakuin University. All Rights Reserved.

FORTUNA オンカジ:FORTUNA Casino 業界No.1オンライン ... メジャーリーグ最強投手 ユーバンクステニス 遊雅堂visa
Copyright ©188bet.com The Paper All rights reserved.