プレイアモカジノ

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

立命館大学 研究者学術情報データベース English>> TOPページ TOPページ > 野澤 健 (最終更新日 : 2023-12-05 16:49:19) ノザワ タケシ 野澤 健 NOZAWA Takeshi 所属 経済学部 経済学科 職名 教授 業績 その他所属 プロフィール 学歴 職歴 委員会・協会等 所属学会 資格・免許 研究テーマ 研究概要 研究概要(関連画像) 現在の専門分野 研究 著書 論文 その他 学会発表 その他研究活動 講師・講演 受賞学術賞 科学研究費助成事業 競争的資金等(科研費を除く) 共同・受託研究実績 取得特許 研究高度化推進制度 教育 授業科目 教育活動 社会活動 社会における活動 研究交流希望テーマ その他 研究者からのメッセージ ホームページ メールアドレス 科研費研究者番号 researchmap研究者コード 外部研究者ID その他所属 1. 言語教育センター   学歴 1. 大阪大学 言語文化研究科 言語文化専攻 博士後期課程 修了 博士(言語文化学) 2. 神戸市外国語大学 外国語学研究科 英語学専攻 修士課程 修了 3. 神戸市外国語大学 外国語学部 英米学科 卒業 職歴 1. 2004/04/01 立命館大学 教授 2. 2010/09/20 ~ 2011/09/19 オレゴン大学 客員研究員 3. 1998/04/01 ~ 2004/03/31 関西国際大学 助教授 4. 1995/10/10 ~ 1996/07/10 アラバマ大学バーミングハム校 客員研究員 5. 1994/04/01 ~ 1998/03/31 明石工業高等専門学校 助教授 委員会・協会等 1. 2023/05/13 ~ 2023/10/26 Frontiers Psychology Production Office Frontiers in Psychology, Reviewer 2. 2021/12/03 ~ 2022/04/15 Frontiers Psychology Production Office Frontiers in Psychology Reviewer 3. 2021/11/15 ~ 2022/02/10 New Sounds 2022 Organizing Committee New Sounds 2022, 10th International Symposium on the Acquisition of Second Language Speech Reviewer 4. 2021/01/13 ~ 2022/02/03 Cambridge University Press Applied Psycholinguistics, Reviewer 5. 2021/12/02 ~ 2022/03/16 Frontiers Psychology Production Office Frontiers in Psychology Reviewer 全件表示(15件) 所属学会 1. International Phonetic Association 2. Acoustical Society of America 3. Linguistic Society of America 4. The Association for Laboratory Phonology (Labphon) 5. International Speech Communication Association 全件表示(11件) 研究テーマ 1. (1)音響的特性と知覚される音声的差異(perceived phonetic dissimilarity)との関係 2. (2)母語(L1)の音カテゴリーの非母語の音知覚・生成に及ぼす影響 現在の専門分野 音声学, 第2言語の音韻獲得, 英語科教育 (キーワード:音声学 第二言語の音韻) 著書 1. 2010/02 VOAスペシャル・イングリッシュ―アメリカ留学特集 │ (共著)   2. 2007/02 60 Minutes: CBS Documentary │ (共著)   3. 1998/06 ことばの心理と学習 │ (共著)   論文 1. 2021/02/04 Effects of the Postvocalic Nasal on the Perception of American English Vowels by Native Speakers of American English and Japanese │ Second Language Speech Learning: Theoretical and Empirical Progress │ ,228-246頁 (共著)   2. 2020/03 Calibrating rhythms in L1 Japanese and Japanese accented English │ Proceedings of Meetings on Acoustics │ 39 (共著)   3. 2019/05 日本語話者と韓国語話者のアメリカ英語の母音の同定 : L1 の母音音素の数の影響 │ 音声言語の研究 │ 13,53-67 (共著)   4. 2019/03 Effects of the Manner of Articulation of the Syllable-Final Consonant on the Perception of American English Vowels by Native Japanese Speakers: Divergence between Japanese speakers’ image of English vowels and what English vowels really sound like to them. │ Osaka University Doctoral Dissertation │ (単著)   5. 2018/05 日本語とアメリカ英語の母語話者による相互の言語の母音の L1 母音カテゴリーにおける分類 │ 音声言語の研究 │ 12,39-54 (単著)   全件表示(39件) 学会発表 1. 2023/12/05 Investigating the effects of phonological neighborhood density, word frequency, and phoneme confusability on the English word recognition by native speakers of Japanese (Acoustics 23) 2. 2023/05/11 Acoustic characteristics of English/n, l, t, k/ produced by native speakers of American English and Japanese at and near the word boundary (184th Meeting of the Acoustial Society of America) 3. 2019/12/03 Calibrating Rhythms in L1 Japanese and Japanese Accented English (178th Meeting of the Acoustical Society of America) 4. 2019/12/03 Effects of Individual difference and L1 phonology on the identification and discrimination of American English vowels by native Japanese and Korean listeners (178th Meeting of the Acoustical Society of America) 5. 2018/06/02 日本語母語話者のアメリカ英語の母音の同定,弁別における日本語の母音カテゴリー参照について (近畿音声言語研究会) 全件表示(66件) その他研究活動 1. 2003/04 ~ 2004/03 項目執筆、『応用言語学辞典』研究社 2. 2002/04 ~ 2003/03 発音校閲 『ジーニアス大英和辞典』大修館書店 3. 1998/10 ~ 1998 書評W. Strange (著) Speech Perception and Linguistic Experience: Issues in Cross-Language Research (『ことばとコミュニケーション』vol. 2 英潮社 pp. 95-97) 4. 1993/04 ~ 1995/04 JACET Intermediate Listening Comprehension Test作成 受賞学術賞 1. 2007 日本テスト学会 日本テスト学会論文賞 (「大学入試センター試験既出問題を利用した共通受験者計画による英語学力の経年変化の調査」) 科学研究費助成事業 1. 2022/04/01 ~ 2026/03/31 語彙頻度・音韻隣接語彙密度と日英語母語話者の英語の語彙認識について │ 基盤研究(C)   2. 2016/04/01 ~ 2019/03/31 個々の話者にとっての母語の母音カテゴリーと英語の母音の知覚・生成の関連について │ 基盤研究(C) (キーワード:母語の母音カテゴリー / 個人差 / 英語の母音 / 知覚 / 生成 / 日本語話者 / 韓国語話者 / アメリカ英語 / 母音 / 同定 / 弁別 / 第1言語)   3. 2013/04 ~ 2016/03 日本語話者を対象にした英語の母音と後続鼻音の知覚訓練の相互への波及効果について │ 基盤研究(C)   4. 2009 ~ 2012/03 母語と非母語の音の音響的実測値と知覚上の距離:3言語の母語話者の相互比較 (Differences in acoustically measured data and perceived dissimilarity between native and nonnative speech sounds) │ 基盤研究(C)   5. 2008 ~ 2011/03 二極化する英語学習者の支援システムの開発:オートノミー・リソース・センターの構築 │ 基盤研究(C)   全件表示(11件) 研究高度化推進制度 1. 2010/092011/09 研究支援制度分類:学外研究制度種目:-英語の外国語訛りの音響的特徴と英語母語話者と他言語話者による容認度の判定 教育活動 ●教育方法の実践例 1. 2006/04 オンライン教材の特性を活かして、学生との意見交換に活用している 2. 2006/04 ~ 2007/03 経済学部の教員と卒業生を対象にニーズ分析をして、現行の英語カリキュラム作に関わった 3. 2006/04 自己の研究の成果を英語の発音指導のあり方に反映させている。 ●教育に関する発表 1. 2017/03 私立大学情報教育協会『大学教育と情報』 2016年度 No.4(通巻157号)において「e-learningを取り入れた英語教育」(27-30ページ)というタイトルで経済学部の英語教育の取り組みを紹介する 2. 2006/08 ~ 2006/08 外国語としての英語の単音の知覚と生成 ●その他教育活動上特記すべき事項 1. 2015/09 ~ 米国ポートランド州立大学での短期ESLプログラムの開発 2. 2005/09/01 ~ 2006/09/01 サンシャインコースト大学での短期ESLプログラムの開発 3. 2000/09 ~ 2000/10 英語発音の上達法~子どもと成人の外国語学習の違いと『通じる』発音 研究者からのメッセージ 1. 私の関心事英語と日本語を中心に、母語や言語学習経験が他の言語の音の知覚や生成にどのような影響を及ぼすかを主な研究対象としています。主に日本語を母語とする英語学習者を対象にしていますが、異なる言語的背景を持った人との比較やより一般的な理論を求めるために他の言語も研究の対象に加えています。 このような理論的背景を踏まえて、日本語を母語とする英語学習者への英語の音声、発音指導、聴解の指導にその成果を応用することにも関心があり、教材作成もしています。 ホームページ Google Scholar © Ritsumeikan Univ. All rights reserved.

サッカーベッティング カジノのバカラのルールや遊び方を解説 | ベラジョン 【カジノレオ】おすすめ勝ち逃げスロット 5選&高額配当が ... エナジーカジノログイン
Copyright ©プレイアモカジノ The Paper All rights reserved.